モリーオ株式会社

お客様の声

文字のサイズを変更する
小さくする 標準に戻す 大きくする

盛岡赤十字病院様

西城 精一 先生

岩手県盛岡市
盛岡赤十字病院 副院長(循環器科部長)
西城 精一 先生

盛岡市でも3年ほど前からブロードバンドが普及し始めて、当院でもいち早く電子カルテの導入を進め、このネットデホルターもこれからの検査医業のあり方であると確信して採用しました。

採用後、医師サイドとしては所見付の解析レポートを再確認する程度のチェックで済み、医業効率がよくなり、何よりも専門医のダブルチェックが出来る事に安心感があり、満足しています。またホルター心電図検査が急ぎの場合には2時間で解析結果の報告が返って来たのにも驚いています。

検査技師作業も、自院での機械解析に比べて大幅な時間短縮が可能になり、検査件数も20%ほど増えています。今後はアカデミックベンチャーとして、クオリティーが更に高い解析レポートを期待したいと思います。
(2003年11月)

鹿角組合総合病院様

大坂 英通 先生

秋田県鹿角市
秋田厚生連 鹿角組合総合病院 循環器科長
大坂 英通 先生

当院では今年の7月からネットデホルターを導入しました。それまでは全例院内での自動解析と医師によるレポート作成を行なっていました。院内の自動解析では1件あたり30分から40分を要していたため、月に約100件程度が限界でしたが、導入後3ヶ月の実績は月に30件から60件増加しています。

それまで健診シーズンであったり、バックオーダーを抱えていた為と考えられますが、スピーディーに必要な検査を行なえる、患者さんを待たせない事の有用性を感じています。このシステムはデータの送受信に関わる操作が済めば別の業務に従事できる事から現場サイドにも好評です。

送受信作業は1件あたり約10分ほどですが、システム上データ読み込みの時間短縮が可能になれば5分もかからず処理できるようになると期待しています。
(2003年11月)